吉倉スタイル

心地よい日本の住まい。

きっそうは創業以来、RC造や鉄骨造、そして木造など
様々な工法で、様々なスタイルの住まい造を実践してきました。
こだわりを持って取り組む中で学んだ、
一つ一つのできごとを検証し、
理想の住まいづくりを実践してきたことで、
本当に心地よい、すまいのカタチが見えてきました。
「どうしても、きっそうで家がたてたい。」
そう思っていただける、独自の吉倉スタイルを提案します。

いえのスタイル
*
和む
きっそうがつくる、和風の住宅。
真壁づくり、漆喰の壁、茶室、木雨戸など、
日本建築の粋な設えを大事にしながら
外張り断熱・床暖房システム・全館空調システムなど、
先進の設備を備えた「和」の家です。

*
集う
個性的な外観や、内部空間の工夫、
そして、デッキや、玄関の板土間など、
様々な工夫により人が集まり、楽しく語り合う
とても心地いい家です。
「湘南のいえ」「板土間のいえ」
「大黒柱のあるいえ」「Cozy House」など
個性豊かなスタイルがあります。

*
ハミングコート
きっそうのアパートメントは、
戸建て住宅で培ったデザインと
快適性を備えた、魅力的なAPです。
木造新構法で建てる骨組みや、耐久性、
メンテナンス性を高めた外壁の仕様など、
戸建て住宅としても、遜色ない仕上がりです。


営業のスタイル
*
出会い
お客さまは、住宅の展示場や、街中で
「いいな」という家を見つけながら、
建てる「会社」を探しています。
私たちは、きっそうの家を
「いいな」と思ってくださる「人」を探しています。
この相性の良い出会いが、
いい家づくりのスタートです。

*
コンセプトハウス
打合せのスペースを兼ねて、
私たちの家づくりを直に見ていただくために、
コンセプトハウスがあります。
2000年に手掛けた「湘南の家」のコンセプトを
ベースにしていることから、
愛称「湘南のいえ」と呼んでいます。

*
押し売りはしない
きっそうには、営業スタッフはいません。
社長をはじめ、設計や工務のスタッフ全員が
家づくりのアドバイザーです。
ご依頼がなければ、訪問もいたしません。
「湘南のいえ」で楽しく打合せをします。


設計のスタイル
*
メソッド
私たちが、いいと思う家づくりが、
お客さまにとって、住みたいと思う家になりうるだろうか。
きっそうは、家づくりをはじめる前に、
「メソッド」で、つくり方、考え方を
わかりやすくお伝えることにしています。

*
プラン
外観や内部空間のカッコ良さも大切ですが、
本当にしたい暮らしをカタチにするのが、
本来、家づくりの目的だと思います。
豊かなくらしのために、何が大切かを
いっしょに考えて、プランに生かします。

*
無理に進めません
相性が合い、家づくりがスタートしても、
途中で迷ってしまう場合もあると思います。
そんな場合は、無理に進めません。
ゆっくりと納得しながら、前へ進めます。
本来、家づくりは楽しいものであり、
苦痛を感じるものであってはいけません。


工事のスタイル
*
チームワーク
永く愛され、受け継がれていく家をつくるために、
腕のいい職人さんたちの手で、しっかりと丁寧に
仕上げる、「つくり手の質」がとても大切です。
きっそうには、いえづくりを支える「真摯で」
「腕のいい」職人さんたちがいます。
チームワークの良さが、施工の品質に大きく
関わってきます。お客さまにとっても、
大きな安心となっています。

*
工事管理
きっそうの現場担当は、木造からRC造まで
様々な工法に精通しています。
施工図を自ら描きき、お客さまの要望を
しっかりと把握した上で、現場に指示を行っています。
お客さまにとって、現場でいつでも相談できる
頼れる存在でもあります。

*
アフターサービス
完成後、電気や水道など
ちょっとしたトラブルは、生活につきものです。
その時、しっかり対応してくれるのだろうか
ということは、お客さまにとって
心配ごとのひとつだと思います。
この対応が、つくり手として真価を問われる
大切なところだと、私たちは考えます